ビビリ流夢のかなえ方

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

ビビリ/EXILE HIRO/幻冬舎文庫

 

本書はEXILEを国民的グループに押上げEXILEのパフォーマーを2013年に勇退したリーダー兼プロデュサーのHIROが書いた「ビビリ流夢のかなえ方」といえます。

 

私のイメージでは強気でチームをぐいぐい引っ張っていくリーダー、というふうに見えます。

 

けれど実際はビビリです。
そのことは、本書の「はじめ」でこう述べていますから。
”僕はえらいビビリだ。
ビビリなだけじゃない。
心配性で、気にしいで……。”

 

意外ですね。

 

著者は、ZOOでデビューそして解散。
その後、J Soul Brodersを結成し、EXILEと改名して再始動。
そして、現在の活躍。

 

それは見事です。

 

EXILEを国民的グループに押し上げて成功しています。
そこには、一筋縄ではない紆余曲折が当然あります。

 

メンバーの脱退、再構築と変身。
その時々に起こる問題に対する苦悩も大変なものだと予想できます。

 

それを乗り越える秘密は何か?  気になりますね。

 

本書ではビビリの性格からチームの夢をかなえ自分も成功していくストリーを知ることができます。

 

わたしが、本書の中で「なるほど感じた」のは、

 

”形のあるものはいつかは壊れる。
それは、動かされない現実だ。
それなら、その形をないものにしてしまったらどうだろう。
形がなければ壊せない。”

 

”何もかもが上手く行っているときこそ、そこで何かを仕掛けなければ、物事は停滞する。”

 

”山の頂上に登ったら、あとは降りるしかないのだ。
下りたくなかったら、次に目指す新しい山頂を見つけなきゃいけない。
下りたくなかったら、次に目指す新しい山頂を見つけなきゃいけない。”

です。

 

変化すること、形を固定しないことこそが、長くその組織やチームを成長させるということですよね。

 

枠を決めたり、変化しないことは組織が安定するように思えます。
けれど、それでは長く続けることも成長することも厳しい、といえます。


また、ビジネス書などの本の読み方は同感ですね。
それは次のような方法です。

 

”ビジネス書は、普通の人とちょっと読み方が違うかもしれない。
参考にするというより、答え合わせのために読んでいる。”

 

ビジネス書も若い頃は、知識や体験が少ないので本の趣旨に引っ張られます。
しかし、それではしっくりこないというか、うまくいかないときに本のせいにしてしまいますよね。

それでは自分は成長できません。


やはり、ビジネス書は参考であり、自分のノウハウを確立することが大事です。


本書には他にもいろいろなノウハウがあります。

 

”人と接するときは、基本は下から目線がいい。”

 

”チームのために頑張れば、それが自分に必ず返ってくる。チームを強くすることが、自分の未来につながる。”

 

”たと他の人が作ったスケジュールであっても、きちんと自分のスケジュールを把握して、スケジュールを自分のものとしてしっかり意識する。
そうすれば、他の人が立てたも、自分の時間にできる。”

 

”どんなに準備したところで、絶対に成功するとは限らない。
そういうときは、自分にできること、やるだけのことをすべてやったら、目を閉じ、運を天に任せ、とにかく思い切り飛んでしまう。
そこでビビっていても仕方がない。
そういうときは、まったくビビらない。
なんにも怖くない。
つまりビビリなのは、ここいちばんの大切なときにビビらないためだと言える。”

 

などもいいですね。

 

以上みてきたように本書はエンターテイメントの世界の話ですが、一般のビジネスでも活用できそうですね。

 

読後わたしは、変化に甘んじないように注意しよう、と思った次第です。

 

 

→ ビビリ (幻冬舎文庫)

 

(^.^)/~~~ したっけね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/94PAGES | >>

                

◆応援してね♪

◆ランキング
今人気の「読書レビューブログ」がわかります。
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みなので、とても励みになります! 応援していただけるとうれしいです。

▼           ▼

 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

◆お世話になってます



★はじめまして♪

selected entries

◆本を探す


◆読書ツール


★★記事一覧★★


つぶやき

発見、八年前のお気に入りの言葉
読書の秘密を教えます
あなたは、本をどんなふうに選んでいますか?
本にマーキングしますか?

本-行動

東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方
コンサルタントの「質問力」
面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則
先送りせずにすぐやる人に変わる方法
すぐ結果を出す人の頭の「上手な使い方」
たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく
仕事のできる人の「しないこと」リスト
いつやるか? 今でしょ!
いいことがいっぱい起こる すぐ動く人になる8つのコツ
ポジティブ・チェンジ
多動力
大人はもっと遊びなさい
世界最強の商人
テトラポッドに札束を
パクリジナルの技術
とことん調べる人だけが夢を実現できる
グーグル検索だけでお金持ちになる方法

本-ノウハウ

ビビリ
無敵の思考
やりたいことを全部実現する方法
成功本はムチャを言う!?
ビジネス・フレームワーク
「ひらめく人」の思考のコツ大全
なぜ働かないで年収1億円になれたのか?
9割夢がかなう宝地図の秘密
学問のすゝめ
運転テクニックおさらいBOOK
クッキングピープル ちび
はじめてでもよくわかる! 特許・実用新案の手続き
新・片づけ術 断捨離

本-経済

金持ち父さん貧乏父さん
「お金持ち100人の秘密習慣大全
「儲け」のネタ大全
「相場に勝つ」株の名言
60歳までに1億円つくる術

本-人生

世界史有名人の晩年
老いてこそ人生
楽天道
我が闘争
トーマス・エジソン 神の仕事力
50代から本気で遊べば人生は愉しくなる
人生の手引き書 壁を乗り越える思考法
聖の青春
オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった
世界の有名人ここだけの話
日本の顔。この歳で何をした!!
あの人は十代二十代の時何をしていたか
「生きる力は日本史に学べ」
40歳から成功した男たち
大失敗にも大不況にも負けなかった社長たちの物語
伝説のニッポン人
トンデモ偉人伝 天才編

本-ことば

コメント力
できる大人の心の習慣
教科書でおぼえた名詩

本-読みもの

映画になった奇跡の実話
ひとり旅は楽し
理系の子〜高校生科学オリンピックの青春
サムライたちの小遣帳
社長のテスト
カラスの親指
白昼の死角
百戦百勝―働き一両・考え五両
げんなり先生発明始末
うそつき無用 げんなり先生発明始末(2)
下町ロケット
百万ドルをとり返せ!
オー・マイ・ガアッ!
歌謡曲の時代
面白すぎる「おもちゃ」研究序説
BETWEEN―ノーマネーand能天気
オロロ畑でつかまえて
アコギなのかリッパなのか −佐倉聖の事件簿−

本-文章術

人を操る禁断の文章術
「読ませる」ための文章センスが身につく本
伝わる人は「一行」でツカむ
読書感想文 小学5・6年生
頭のいい人は「短く」伝える

本-北海道

北海道ルール

本-読書

どんな本でも大量に読める「速読」の本
読書HAKS
読書は「アウトプット」が99%
読めば読むほど頭がよくなる読書術
「考える力」をつける読書術
定年と読書 知的生き方をめざす発想と方法
王様の速読術
読書が「知識」と「行動」に変わる本
「ビジネス書」のトリセツ
読書をお金に換える技術
本を読むということ〜 自分が変わる読書術

◆お気軽にどうぞ♪

Powered by SHINOBI.JP



recent comment

 

others

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR